ソリオ 買取

中間層を狙ったソリオ

スズキの大ヒット軽自動車ワゴンRのワイド版として誕生したワゴンRプラスがソリオの源流です。
軽自動車の規格で作られたワゴンRの全幅と全長を拡大してパーツはそのまま流用した、いわばワゴンRの兄貴分である普通自動車です。
その後、モデルチェンジしながらトールワゴンとして独自のブランドを確立していったソリオは、日産・キューブやトヨタ・Bbなどのライバル車の誕生のきっかけとなったクルマなのです。

 

2011年発表の3代目ソリオは、ワゴンRの派生版ではなくオリジナルブランドとして初めて開発されるようになりました。
ミニバンには手が届かないけど、普通のコンパクトカーは狭苦しくていやだというユーザーにはぴったりでしょう。
また、軽自動車の取り回しはいいんだけれど安全性に一抹の不安がある、高速に乗ったときは安定して走って欲しいといったユーザーにも、オーバー軽カーといった立ち位置で便利なのかもしれません。

 

トールワゴンはただ室内空間が広いだけではありません。
シート位置が高いため、年配者などにとって乗り降りしやすい優しいクルマに仕上がっているのです。

 

買取の際には人気車種かどうかが、査定額に影響するものです。
ソリオの場合使い勝手もよく性能もいいクルマなのですが、それほど人気が高いわけでもないためどれだけの査定額が引き出せるか不安があるでしょう。
まずは無料査定を申し込んで価格がはっきりしてから判断しても遅くないかもしれません。

中古車買取り最大手の『ガリバー』も登録されているのがズバット車買取比較の魅力です。
また買取業者の登録数に強みが有るのはカービューの車買取です。